ハンドメイド好きにおすすめのSNSサービスは?

ハンドメイドに関する情報サイト

ハンドメイドの始まり

これからハンドメイドで何か物を作ってみたいなと思っている方向けにハンドメイドの種類について詳しくお話したいと思います。 知らなかったハンドメイドの種類もあるかもしれませんので、ハンドメイドでどんな物を作るか決める際の参考にしてみてくださいね。

おすすめのハンドメイドの販路

自分の作ったハンドメイドの作品を売ってみたいとは思うけど、どんな販路があるか分からない方が多いと思います。 店舗とネット上に分けて、説明したいと思いますので、参考にしてみてくださいね。 この記事をしっかりと読んで自分にあった販路を見つけましょう。

ハンドメイド好きにおすすめのSNS

突然ですが、ハンドメイド好きの皆さんに質問です。 ハンドメイド好きの方におすすめのSNSってなにか分かりますか?分からない方のためにいくつか紹介したいと思います。 何かの役に立つときが来るかもしれませんので、しっかりと読んでおくことをおすすめします。

あなたはいくつ知ってる?ハンドメイドの種類

大正時代に婦人雑誌がきっかけで、ビーズアクセサリーが流行しました。
1926年に「ビーズ手芸全書」という本が発売され、手芸の1つとして知られるようにもなりました。
20世紀になると世界各国で生産されていたビーズの生産を日本でも行うようになり、日本で大量生産されるようになったため、大量生産できないビーズで作った作品の方が、魅力的に思う方が多いです。
木工工作やビーズ刺繍やスチールクラフトや型紙を使用した縫物手芸など、時代ごとに流行していたハンドメイドが異なります。
この他に、かぎ編みやラットフックやマクラメ編みやデコやミサンガ編みやスクラップコラージュなど様々なハンドメイドが流行しました。
現在では、家庭用3Dプリンターや3Dペンを使用したハンドメイドが人気です。
100年前には、木で作品を作っていましたが、100年後には、3Dプリンターで作品を作っていると考えると時代とともにハンドメイド作品が進化したなと思ってしまうのは私だけじゃないはずです。
このサイトは、ハンドメイドの様々な種類やおすすめの販路やSNSなど初歩的な内容からマニアックな内容まで書かれている記事ですので、参考にしてみてくださいね。
すでにハンドメイドについて、知らない方は参考になる内容が多いかと思いますし、新たな発見があるかもしれませんので、知っている方は改めて確認するつもりで気軽に読んでみましょう。
たまたまこのサイトにたどり着いたあなたも、読んでおくと役に立つときがくるかもしれません。

▲先頭へ戻る